広島市中区で整骨・整体マッサージをはじめ交通事故のむちうち治療・頭痛・

腰痛・膝痛・スポーツ外傷

骨盤矯正・O脚矯正・猫背矯正・EMS体幹トレーニングなどの施術で多くの患者様からご愛顧頂いています。大手町スタイル整体院です!

 

足がつらない為に知っておくと助かるかも!!

こんにちは、いつも元気 平田です!!

この夏休み次女のソフトボールの全国大会があり、北海道に行って来ました。

北海道の夏の日差しが強くて真っ黒になって帰ってきましたが、とても涼しくて過ごしやすかったです。

 

ところで皆さん!

一度は経験したことがある方も多いと思いますが、足がつった事はありませんか?

「たくさん歩いた日の夜」「長時間運転した後」「布団から足を出して寝ていた時」「妊娠中によく足がつった」などなど、目が覚めてしまうほどの痛みで夜中や明け方につらい経験をされた方も多くいらっしゃると思います。

 

いったい、どうして起きるんでしょうか?よく足がつる人には何か特徴があるんでしょうか。。。

たまに足がつる程度なら気にならないかもしれませんが、頻繁に足がつる方は相当なストレスですよね。

足がつる条件の方もいるんです。

 

そもそも足がつるって、どういう事でしょうか?

 

なぜ足がつるのか?6つの原因

  • 筋肉疲労
  • 運動不足、血行不良、冷え
  • ミネラル不足
  • 骨盤の歪み
  • 水分不足
  • 筋肉量の減少
  • 特につりやすい、ふくらはぎや足の裏は、日常生活の中でも酷使している部分です。

過度な運動による筋肉疲労でつる事はよくあります。

 

  • 普段とは違う筋肉の動かし方をしたり、急に力を入れたりして筋肉に強い刺激を加えてしまう事、身体を冷やしてしまう事で血行が悪くなり、その影響で筋肉が収縮してつる事があります。

 

  • 筋肉や神経の動きを調整している、ミネラルのバランスが乱れると、筋肉の異常興奮(痙攣)が起こるとされています。

妊娠中は母体よりも赤ちゃんに優先的に栄養が送られてしまうので、ミネラル不足・栄養不足によって足がつりやすくなります。また、高齢になる程、ミネラルの吸収力が落ち、汗や尿と一緒にミネラルも排泄されやすい傾向があります。

 

  • 腰や骨盤に問題があると血液循環が悪くなりがちなので足がつりやすくなります。

 

  • 脱水症状も筋紡錘の働きを弱めます。

水分不足になると血液中の電解質(ナトリウム・カリウム・カルシウム)などのバランスが崩れ足がつりやすくなります。

 

  • さらに中高年の方など、加齢に伴う筋肉量の低下がみられます。

筋肉量が低下すると疲れやすくなります。

 

どうすれば予防できる?

1、バランスよく食事を摂る

2、冷えを改善する

3、適度な運動をする

4、水分補給をしっかりする

 

1、バランス良くミネラル補給できる食生活が理想ですが、特に不足しがちなマグネシウム・カリウム・カルシウムを取り入れるよう心がけましょう!!

 

2、睡眠中の足がつるのを予防するには、温めることです。

寝る前にお風呂に入る、冷え性がある方は湯たんぽや腹巻きをして寝るなどしたらいいですね。

3、運動前にはきちんと準備運動をする。

普段から適度な運動をする。

4、基本的な予防法は、ミネラルが含まれている水分をこまめに補給すること。足がつりやすいのは夜中なので、夜、寝る前に、お茶やアルコールではなく、1杯の水を飲むようにするのがおすすめです。人の体は睡眠中に大量の汗をかくので、その水分を補うことにもつながります。

 

汗をたくさんかくと、血液が濃くなって血めぐりが悪くなることでこむら返りが起こりやすくなる上、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル類も失われます。運動するときや飲酒後には、水分とミネラル類を一度に補給できるスポーツドリンクを飲むのがおすすめです。

 

睡眠時に足がつった時の対処法・予防法

腹式呼吸してリラックスする

まずは慌てずに全身の力を抜いて痛くない角度を探します。

ゆっくりストレッチする

最後に、冷えの改善と筋肉疲労の改善の為に、日々ストレッチをして筋肉の緊張を和らげましょう!!

それでも緩和されない時は、いつでも当院にご相談してみてくださいね!!大手町style整骨院では、筋肉の緊張をとるための治療はもちろん、根本から改善できる矯正や体質改善・冷え改善ができるなど、その方その方に合わせた治療を行っていきますので、お気軽にご相談してみてくださいね!!!

広島市中区大手町3-13-8
中区オフィス街の中心部
広電市役所前より徒歩1分
平日21:30まで営業!